新着情報

お問い合わせ

  • お電話でのお問い合わせ 076-433-3663
  • FAXでのお問い合わせ 076-433-3664

預金口座振替依頼書の書き方について

2015/10/22

広報誌「社会保険とやま10月号」の2~3ページにご案内してありますように、

平成28年度から、社会保険協会費が口座振替で納入できます。


そこで、電話での一番多いご質問にお答えします。

Q) 預金者名のフリガナに入りきらないのは、どうしたらよいか?

A) 法人の場合は法人略語をお使いください。略語はこちらから

(例)
株式会社富山 → カ)トヤマ

一般財団法人 → ザイ)

社会福祉法人 → フク) うえの添付の表を参考にしてください。

フリガナに限って、法人の場合は、法人名だけをご記入ください。それでも入りきらない場合は、入るところまででよいです。
個人の場合は、姓と名の間を1字空けてください。


Q)協会番号はどれですか?

A)協会費(年1回)を納入の際の振込用紙にハイフンのついた番号が書かれています。
(例 1-3373)

または、広報誌「社会保険とやま」が入っていた封筒表、宛名の下に記載されています。

不明の場合は当協会にお問い合わせください。(電話076-433-3663)


口座振替を望んでおられた事業所さまからは、便利になったと喜んでいただいております。

手数料も当協会が負担いたしますので、今まで北陸銀行以外の銀行に出向いておられた事業所さまは、振込手数料をご負担いただく必要はなくなります。

今回の手続きで、今後の事務処理の手間が省けますので、是非ご検討ください。